アルミ缶の上にたくみかん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルミ缶の上にたくみかん

自由な僕がより自由を求めて行動します。

仲が良いという勘違い

会社では定期的に上司と一対一で雑談をする機会がある。

雑談といってもそれはコミュニケーションを取るための業務の一環だ。

 

10日前ほど転職して初めての雑談をリーダーとした。

とくに私はその時はあまり話したいこともなく淡々と終わってしまったものの、同期との仲について問われたので、「仲良くやっています」と答えたところ、

 

「まぁ仲良いのは大事だけど仲良いのと一緒にいるのは違うよね」

 

と言われた。

その時はリーダーの発したその一言の意味は全く不明だったが、どうも頭に引っかかって、ここずっと考えていた。

 

その答えが何となく見えてきた今週。


同期は自分を含めて8人いる。

研修から実務までほぼ同じ時間を過ごしてきた。とにかく仲は良いと思う。

 

だが、必要以上に一緒にいすぎている。

 

これが問題だと思い始めた今日この頃。

 

会議室を移動するときも話している。

1人が面白いことをいえばみんなが笑う。

 

普通に考えたら仲が良いなら当たり前のことだ。

 

だがしかし、ここは会社だ。

 

私たちは勘違いしてないか?


ここは学校ではない。

たしかにリーダーや周りの上司たちは、初日の顔合わせでは仲良くやっていけたらと仰った。そのあとの研修も私たちの緊張がほぐれるように接してくれた。

それだけに私たちは必要以上の緊張をせずにこの3週間を過ごして来れた。

ご飯も何度も行ったりした。

とにかく楽しいのは事実だし、仲が良いのも事実かもしれない。

 

だからといって仕事中に談笑しているのはどうだろう?

 

そう、会話ではなく私の感覚としては談笑に近いと思う。

あいにく語彙力に乏しいので明確な定義は不明だが、業務と関係ないことで業務中に大笑いするのはそれは談笑だと思う。


研修中だから毎日いろいろな階の会議室に行っては自席に帰ってくる。

だが、自席があるオフィスの扉を開けても笑い声が聞こえてるというのは何なのか?

それだけではない。

会議室でも大笑いとなる。

明らかに他の人の業務を侵害しているのではないだろうか。

 

断るが私は仲間が嫌いなわけではない、むしろずっと一緒に仕事したいくらい大好きだ。
だからこそ、この峻別はつけるべきだと思う。


仮に私がそこで働いていたら、やっぱり彼奴らは何なんだと思うだろう。


結果が全てはないだろう。

でも会社である以上、利益を出すのは当たり前だ。
レールに敷いた先にある数字のためにまずは手前の数字を大きくすることを考え、先の見えない恐怖と闘いながら毎日真剣勝負をしている。

 

そんな戦力の一員になろうとしているし、先輩や上司たちも育ててくれようとしている。

その最中で研修生がワイワイしてるのはいかがなものだろうか?


私たちはただ楽しいから楽しんでいるのかもしれないが、周りからしたらやはり仕事をなめていると思われるのも当然だろう。


でなければ、上司が、私たちも閲覧できる社内チャットで部門宛に「ニョロニョロと会議に途中参加されてもアレなので 不参加でいいです」と、他の先輩向けに送らないだろう。

 

当然ながらこの「アレ」は「邪魔」を意味している。

 

同じ部門には私たちとほぼ同時期に入られた派遣さんがいるが、しっかりとタスクをこなしている。

派遣と社員の業務にそこまでの差異はないだろうが、社員の私たちが派遣の方より、サボっているように見られるのはダメだと思うし、悔しい。

 

若気の至りとはいえ、社会人である以上はメリハリつけるのは当然だと思う。

 

メンターの方は妊婦さんでもう時期休職に入られる。時間がないのだ。


メンターである以上は私たちに成長してほしいはず。

だって同じ道を歩いてきたから誰よりも気持ちがわかると思う。

だから厳しくしてくれた。

でもすぐに優しくなった。

見切りをつけられたのだろうか…。

 

恩返し。見返し。


やっぱり成長しているということ、真剣だということを結果でアピールしなければ、挽回できないのではないだろうか?

 

入社10年目の方が昨日の研修で、講師に対して「選りすぐりの8人」だと小声ながらもいってくださった。

どれだけ皆の心に響いたかは分からないが、私の心は間違いなく動いた。

本当にここの先輩たちは私たちに期待してくれている。

 

その気持ちに応えたいし、ガッカリさせたくない。雇って良かったと思われたいし、雇われて良かったと思えるようになりたい。


そんなことをみんなと話し合えたら良いと思うが、そんな勇気がない。

そこが僕のダメなところだ。

だからこうやって綴っている。

 

でも次の雑談ではこの内容を話そうと思う。

 

働くってのはやっぱり難しい

【Why→How→What】

TEDの動画に魅了されまくりです!

 

というのもなぜスティーブ・ジョブズがあんなにも人を引きつけるのかをトークから知ろうとyoutubeを見ていたらTEDにたどり着きました。

 

僕の中では詐欺師の人の「注意力を散らかす」方法が衝撃でしたが、

仕事に使えそうだと思ったのは「優れたリーダーがやること」みたいな感じのやつです。

 

www.youtube.com

 

 

言われてみて納得しました!

 

動画で言っていることは簡単。

それは、伝える情報の順番を逆にする、ただそれだけです。

 

営業の電話が鳴ります。

(1)こんな製品があるんですよ

(2)今の製品より○○で優れています

(3)安いしいかがですか?


言葉巧みな人はこの順番でも相手に買わせてしまうかもしれませんが、

僕なら(1)の時点で身構えてしまいます。

 

ところが次の伝え方だったらどうでしょう?

(1)最高の経験を最適な時間で味わってほしくて取り組んできました。

(2)世界最速、電池も長持ち

(3)そんな思いが形になったのがこの製品です。

どうでしょう?

 

ほんのすこしだけ、下の方が話を聞こうって気になりませんか?

 

この違いはなんでしょう?

上の例では

(1)こんな製品がある⇒what から話します

(2)その製品はここがいいよ⇒how を次に話ます

(3)買わない理由は無いでしょ?⇒ why とします

 

ところが下は

(1)こういう考えでやっている⇒why

(2)どのようにやってきた⇒how

(3)結果としてこんなのができちゃいました⇒what

 

と、真逆の順番で伝えています。

これだけで人は聞く姿勢がかわると、この動画では言っているのです。

 

なぜか?

 

言葉を借りれば、

 

人は「何に」ではなく、「なぜ」に動かされる

 

からです。

 

まあ例のように電話でいきなり、そっちの都合を語られてもと思いますので

whyにあたる部分の言い方を変えたらどうでしょうか。

 

仮に最初に

「何かお困りのことはありませんか?」と質問します。

たぶん聞かれた人は不満をどんどん話すのではないでしょうか?

出てきた不満に対してさらになぜ困っているか?をループ的に

問うという、なぜなぜ分析をしていくと

最終的にはユーザーが何に困っているか、その本質を聞き出すことができます。

 

それに対して、その問題を解決できる方法がある⇒how

を話し、最後に製品やサービス⇒what

と、段階を踏めば

先に製品を紹介するやり方よりよっぽど話を聞いてもらえますし、

相手にしてみてもこちらの話を聞いてもらってるという満足感につながるのではないでしょうか?

 

つまり、営業に使える

 

 

僕個人としても魅力的な会社や本って、実は規模や中身よりも

そのポリシーが僕のポリシーと重なるところがあるかで判断している気がします。

その結果として、そこにいる、その本を読了した、そんなもんだと思います。

 

どうしてもプレゼンとか勉強すると論理的思考に行き着いて

結果から話す=whatから話す

ような内容になりがちですが、

本当に注意を引くという意味では

why→how→what

で話すのは有効的かもしれません。

 

ん?

 

自分の生き方にも応用すれば視野の広い生き方ができるような気がします。

 

言われてみれば自分を持っている人ってぶれませんし、周囲を巻き込みますよね?

これもやっぱり「自分のポリシー:why」から始まってるからと

僕は思っていますがどうでしょう?

 

もし、将来に対して「何がやりたいのかわからない」という人がいれば、

まずは自分の人生を振り返って「どういう生き方や考え方で時間を過ごしてきたのか、やってきたのか」から考えていくと自然とレールが敷かれるかもしれません。

 

久々に有意義な休日を過ごせた気がしました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

しずぎんインターネット支店

静岡銀行のインターネット支店に申し込むとスマホの写真からデザインカードが作れます。

http://shizugin.net/sp/service/design-card/index.html

 

静岡銀行は山登りの費用を貯める口座にしたいので、山の写真で作ってみました。

 

f:id:tacumix:20170121201236j:image

写真は大キレット入り口での写真です。

 

で、作ったもらったのがこちら。

f:id:tacumix:20170121201241j:image

テレフォンカードよりも光沢があり使うのがもったいないような…。

 

何より銀行名とか写真を邪魔する記載がなく、大満足です。

 

ちなみにデザインを決めるときはウェブでシミュレーションができます!

 

当然、

著作権や公序良俗などの審査もありますが世界に一枚のカードなのでオススメです。

 

http://shizugin.net/sp/service/design-card/index.html

【エントリー開始】山中湖ロードレース

http://runnet.jp/mail/u/l?p=ou7xZZcx4iKdJHL7q22RCAZ

 

今朝から山中湖ロードレースのエントリーが開始されました。

 

スポニチがやってるマラソンで、5月終わり=シーズン最後のレースになります。

 

ハーフと山中湖一周のマラソンです。

 

だいたいこの時期は富士山が綺麗に見えます。

 

何より僕は

スタート会場の激安大バーゲンで服を探すのが好きです。

 

http://runnet.jp/mail/u/l?p=ou7xZZcx4iKdJHL7q22RCAZ

 

帰りは東名まで渋滞するんで悪しからず。

くまもんスペック

今朝の銀座線は初めてくまもんの塗装が入った車輌でした!

 

f:id:tacumix:20170118203106j:image

 

しかし、なぜに東京メトロとくまもんで??

関係なくないかい?

 

そういや普通の銀座線って全身塗ってる感じがレトロチックだよね。

中身も古いと思えば新しいし。

広告を非表示にする

富士山モルゲンロート

今朝は富士山のモルゲンロートが自室から見えました。

いつもは日が昇りすぎてから見てるんですが。

f:id:tacumix:20170116205641j:image

 

広告を非表示にする

閑静な丸の内口

久しぶりに丸の内口に行きました。

工事中のせいかとても静かな感じで八重洲口とのギャップがすごい。

でもこんな東京駅もなんかいい

 

f:id:tacumix:20170114194638j:image

広告を非表示にする

2日遅れのあけおめ!

いつもは昼ごろ走りますが、箱根駅伝とバッティングするので、今日は朝ランしてきました。

初走り、かつ、初日の出です。

 

f:id:tacumix:20170103075010j:image

 

f:id:tacumix:20170103075026j:image

 

いやー気持ちよかった!

どちらかといえば朝ラン派なので調子が良いかも。

広告を非表示にする

【遭難情報】12/30~1/2

年末年始で遭難が多発しています。

rindow33kai.grupo.jp

りんどう山の会で掲示されている情報をもとに数値化してみました。

f:id:tacumix:20170102231448j:plain

 

遭難者(事故数)に対して亡くなった方が占める割合が多いです。

 

車の事故同様に、というより「事故」自体、明日は我が身です。

事故はすぐそこにあるということを意識して何事にも取り組んでいかなければなりません。

広告を非表示にする

蜃気楼パート2

今日また走ったら、また蜃気楼が出てました。

今回はコンデジを持っていったので前回よりまともに撮れました。

 

f:id:tacumix:20161230233746j:image

これ房総半島じゃなさそうですね。

でも地図見ても大島の東に島ってないんですよねー

f:id:tacumix:20161230233933j:image

こっちは房総半島だと思います。

 

f:id:tacumix:20161230233757p:image

広告を非表示にする