アルミ缶の上にたくみかん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルミ缶の上にたくみかん

自由な僕がより自由を求めて行動します。

iPhone:勝手に再起動がかかる。電源が入らない

恥ずかしながら某アップル正規代理店で働いた経験があるのでその一つを紹介する。

 

まずアップル正規代理店とはApple公認のお店のようなものである。

日本にはアップルストアは数店しかないのでその狭間に生きる人間はiPhoneに何らかの症状が起きても為す術がない。

 

結果、契約したショップに行きあっさり近いお店を紹介されるというたらい回しに合う。

 

もちろんiPhoneユーザーの多くは興味本位で契約してしまった、あるいは使いやすさで使っている方が大半なのでAppleの仕掛たシステムを知らないのはほとんどだ。

ゆえにバックアップのやり方を知らない人もいればバックアップしていればデータを戻した時点でLINEのアカウントが復活すると考えている人も多い。

店員としては悲しい・・・

 

規則上、お店ではバックアップはできないからである。

この理由は客のデータが完全復旧することに責任を持てないことに由来する。

 

基本的に来店する客の症状は画面割れ・水没だ。

客層としてはこれが7割を占めている。

 

その他によくあるのが、タイトルのような勝手に再起動がかかる、リンゴマークから動かない、電源が入らない

だ。

 

これらの原因は何なのか。

アップルの人も店員もわからない。

言われているのは「回路上の不具合」である。

 

我々は不正改造や原因を突き止めるために客から預かったiPhoneを一旦バックヤードと呼ばれる客が見えない場所で中を開けて点検する。

 

既出の分解映像のようにiPhoneは、バッテリ、カメラ、バイブ・・・といったように部品が集まって構成されている。

すなわち、それら単体で制御のための電子回路を持っているということだ。

 

しかし、ライン製造ではすべてが同じ品質に仕上がるとは限らない。

 

そうやって生まれた不正品が生まれるとどうなるか。

 

iPhoneのマザーボードと干渉し、上記のような問題が発生するのだ。

よく出るのはiPhone発売時の初期ロットと呼ばれるものである。

もちろん初期ロット以外にも発生してしまう。

 

よくあった現象としては、使っている間にブルースクリーンという青い画面が出たり、レッドスクリーンという赤い画面が出たりしてついには電源が入らなくなってしまうというものである。

 

不幸なことにこれらの問題はバックアップをiTunes経由やwifi経由でとっていれば問題ないが、その存在すら知らない人もいてそういう人たちは「最初から」になる。

 

でも”日頃の行い”がいい人は家のwifiに自動的につながっていたりなどして運良く連絡帳とラインが戻ってきて満足する。

 

さて、これらの現象は最終的には電源が入らなくなるという症状になる。

それまでに何回か再起動を繰り返する傾向があるので、その間にバックアップがとれる人はとっておこう!!

ラインは登録している電話番号(メアド)、パスワード、PINコードが必要なので予めメモしておこう。

 

つづいて、その現象がiPhone本体に起きているものかソフト上の問題かを切り分ける必要がある。

そう、ソフトの問題でも勝手に再起動を行うことはよくあるのだ。

 

設定>プライバシー>診断/使用状況 をタップするといろいろな文字種の羅列が出てくる。ここで最上部に数字だらけの文字列があった場合、それをタップして中身に「bugtype 110」と出ているとiPhone内部の故障が考えられる。

 

この場合、iPhoneの初期不良または客の使い方に関係ない故障となり、本体交換の対象となる可能性が高い。

本体交換と断言しないのは、iPhoneに見た目の損傷がある場合、それに起因してこれらの現象が発生するためである。

 

また、ソフトウェアの故障の可能性もあるためDFUモードと呼ばれる初期化で直ることもあるからである。

 

bugtype110を発見した方は、バックアップしていることを確認して以下の手順を行おう。

 

・iTunseを起動する

・iPhoneとPCを純正ケーブルで接続する

・iPhoneのスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)、ホームボタンを同時に長押し8秒

・6秒程度でiPhoneの画面が消えるがそのままあと2秒我慢して押し続ける

・8秒たって指を離すとiTunes画面にリカバリーモードなんちゃらという表示が出るのであとは画面にしたがって初期化を行う

 

ちなみに、現象が起きた時点で0120-277-535:アップルカスタマーサービスにTELしたほうがいいのだが、大半は知識のない下っ端が出るためマニュアル通りの手順になってしまう。上記の手順の前には

・再起動

・リカバリーモード

・DFUモード

と、2手順ありそれを電話越しでやらされるのだが、客は困っている状況だし、口で指示された内容をできるわけもなく余計に苛立ってしまう。

バックアップがしっかりできているのであれば上記のDFUを先にやっておいて、お店にいったときそれをやったがダメだったいう方が懸命だ。

 

おっと!肝心なことを忘れていた。

初期化する前にかならず「iPhoneを探す」という機能はオフにするか、Apple IDとそのパスワード(アプリをDLするときのパスワード)をメモしてからやろう。

でないと、お店に出向いてもセキュリティ上の関係で対応そのものができなくなってしまう。

 

なんども書いているようにDFUをする時点でiPhoneはまっさらの状態となってしまう。また、ソフト上の問題もあると上述したが、さっきの文字の羅列のある画面で下にスクロールするとSpringBordと書かかれていることがある。これがあってかつ再起動を繰り返す場合は、OSそのものが誤作動している可能性があり、基本的にはDFUを行うことで問題なく使えるようになる。

 

で、バグタイプのみなさまは残念がらDFUをしていると途中でiTunes画面にエラーコードがほとんどである。

56はインターネット接続の問題の可能性あるが、それ以外はiPhone側の問題である可能性が非常に高い。ついては、そのエラー番号も記録してお店に持って行くと助かる。

 

 

お店でも一度DFUをかけるがこういう場合店員は「お店でしかできない初期化」といってiPhoneを隠すように操作する。

もうネットでリークされてるし、誰でもできるってツッコミはやめておこう。。。

 



広告を非表示にする