アルミ缶の上にたくみかん

月間70km走破

さっきのランで月間70km走ったことになりました。

天気と体調次第ですがうまくいけば遅くとも明後日には100kmいきます。

 

昨日は夕方ランだけだったから夜は眠れたはずなんだけど

結局職場では眠気が襲ってきました。。。

 

で、結論、走らなくても変わらないなら走ろう!!

 

職場では毎朝ラジオ体操がありますが、朝走ると体が柔らかくて気持ちいい。

 

ただ、代謝が上がったぶん、困ったことがあって冬場なのに

ラジオ体操だけで汗をかいてしまうこと。

もちろん最初に比べたら汗臭くはなくなったけど…

 

 

そういえば今週は数ヶ月に一度の定例会がある。

 

前回は11月。

この日ほど会社がクソだと思ったことはないです。

 

当日はホールを押さえて、土曜日という貴重な時間を削って(もちろん休出扱いだけど)数百人が強制参加したにも関わらず

プロジェクター担当者が忘れて全然議題が進行しなかったこと。

 

もうほんとにグダグダだった。

 

しかも誰もなんにも責めず、登壇者は仕方ないかのように笑って面白くもないのに笑いをとりに行こうとする。でも二言目には、口頭だけではわかりにくいですが。。。

 

担当者はどうやって責任をとったのかな?

いや、責任なんてとらなかっただろ。

 

というか誰も責めなかった。

 

そこがこの会社ダメだなと思ったところ。

 

申し訳ないけどあたりを見渡してもスマホさわってるか寝てるか、

ぽかーとんとした表情で馬耳東風か。

 

こんなやつらに払う金があるなら、もう少し給料上げてくれって思ったよ。

 

僕はまだ24歳だけど、仕事ってのは結果がすべてだと思うし、無能な社員は

即クビでも良いと考える外資系の思考がある。

 

偉そうに書いてるけど、別に外資系と関わりがあったとかいうわけではない。

 

僕にとっての学生生活は、結果がすべてだった、ただそれだけだ。

 

月一度の会議、一生懸命メモをとっている後輩がいるけど、あんなのもくそくらえ。

まず議題がクソだからメモなんてとる意味あるのかって話。

本当に必要なら事前にファイルで送ることだって可能だもん。

なのにアジェンダというかいうやつに書いてあるのは、ただの見出しだけ。

ポイントとか書いてないから何を話したいのかも話したところで

俺らになんのメリットがあるのかもわからない。

 

なのに話したことをすべてメモに書こうとする奴ら。

書くのは自由だけど、お前らが作った議事録は話した見出しを書くだけのものじゃん。

アジェンダが予定を書いてあるなら

彼らの議事録はやったことを書いてあるだけ。

 

わざわざ会議を開いてまで話した内容について誰も触れてない。

 

議事録だって会社の大事な公的な資料なんだよ。

そこに価値があるから公文扱いしているわけで資産になる。

中学生じゃないんだから中身の無い議事録を書くのはやめてほしい。

 

それは結果がじゃなくて暇つぶしって言うと思うの。

 

僕は今、とても仕事が楽しくない。

やってることは楽しいんだけど、結果が思うように出ないからだ。

 

一度はできる上司に相談したけど、返答は淡々としていた。

たぶん、自分で考えて解決しろってことなんだと思う。

そこも踏まえて仕事なんだと。

でもダラダラしていてはただの給料泥棒。

 

で、どうしたか。

 

人の振り見て我が振り直せ をとった。

 

根本的な解決には至ってないけど、うまく仕事がはかどらない理由の一つは

タスクを自己管理できてなかったからだ。

 

僕はどういう立場をとっていいのかわからないけど、同じ部署に

仕事のできない7年目の社員がいる。

社交的だし、打たれ強い一生懸命やる姿勢が評価を得て残ってるんだろうけど、

それについて最近、メスが入ってベテラン上司が毎日隣で叱ってる。

 

そして、細かいところまでちゃんと命令している。

口調は悪いが言っていることは最もだし、ここまで言ってきてくれることを

本人はどう思っているのだろう。

僕は、そのときは自分の仕事をしつつ、自分が怒られていると思って聞いている。

だって自分にも当てはまるんだもん。

 

とくにここ毎日言われているのが先を見て今の仕事を管理できているのかってこと。

できない先輩は口癖が、「今週中にはやります」で来月、来年と持ち越す人だった。

そこでベテランがとったのがエクセルでタスク表を作らせてベテランと先輩で共有する

ことだった。

 

もちろん部署でも共有の日程表を作って入るが、それより具体的なタスクを

本人に書かせている。

僕も聞きながら見よう見まねでやっているが、結構うまくいっている。

まず出社したらその日のタスクを見ながら(前日の退社前には作る)追記事項を考えて入力していく。で、その日の自分の姿を想像して、上司にどういう報告ができれば

仕事をしたことになるかを考えて行動するようにした。

もちろん、結果が出せないのだからうまくいくはずもないが、それに向けて

一手先を見通しながら仕事をしていくことはできてきたと思う。

 

でも、何が仕事なのだろうか。

一つ間違えればアルバイトでもできる「作業」になりかねない。

 

そこで、僕は前に本で読んだことを意識して行動するようにした。

 

それは「仕事の本質を見極めろ=どこに価値があるのか」

 

つまり、どういうことをすればそこに利益が発生するのかということだ。

会社なんだから利益を出すのは当たり前。

でもやってることが無意味なことならそれはやるべきことではない。

 

そこを意識するようにしただけで自分の姿勢は変わっていく。

 

まだ検証中で結果報告ができないのが残念だが日々変わってきたとは実感している。

 

ただ、やっぱり仕事ができなかったなと思う日は辛い。

残業代なんていらないから残ってやらせてくれとも思う。

 

仕事柄研究職みたいなことも多いけど、それこそグーグルみたいに

20%で良い、無償で良いからやらせてくれと思う。

 

でも、無償が許されない以上、お金を払う代わりに必ず結果を出せっていうことなんだろうな。

 

だって、給料もらってるってことは素人でもプロなんだもん。

 

僕はたまたま運良く良い上司のもとに配属されたけど、

やっぱり会社としてはクソだ。

 

僕は今まで相手に何か思われることにびびってたけど、もう関係ない。

間違ってたらどうしようじゃなくて、間違ってたらその次に直せば良い。

だから、自分の考えはどんどん言っていこうと思う。