アルミ缶の上にたくみかん

恋愛論

っていう本を読んでみることにした。

最近は官能小説の表現力に驚いたけど、そもそも恋愛ってなんだろう?って思って…
 
というより官能小説の表現で見えないものが見えてしまう僕の妄想力の方がやばいのか?
 
下心無しにしても面白いと思うけどなあー
性は美学だよね