アルミ缶の上にたくみかん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルミ缶の上にたくみかん

自由な僕がより自由を求めて行動します。

なつかしい

いちおう、自分は世界水中連盟(CMAS)のダイブマスターを持っているプロダイバーなんだけど最近はご無沙汰。

久しぶりにマンタみたいよー

 

ダイビングにはいわゆるライセンス制度があって、ダイバーがちゃんと海に対する安全知識をもって潜るってことになってる。まぁ自己責任ってこと。

 

必ず最初のOWD:オープンウォーターダイバーのテキストには危険生物のページがある。

サメやウツボはもちろん、オニダルマオコゼっていう砂地に眠る超危険なやつやカツオノエボシっていうクラゲもいる。

まぁサメやクラゲって言うといかにも危険ってわかるけど、じゃあゴマモンガラって魚はわかる?

 

実は結構ダイバーが知らない魚の方が危険なんだよね!

言われてみればもちろんでしょ?知らないってことはついついペット感覚で触っちゃおうとするんだから。

魚だって天然モノだもの、そりゃ防衛本能が働くよね。

 

ゴマモンガラは僕は会ったことはありません。

でも、友達のインストラクターがタイでインストラクターやってたころに出くわした動画を見せてくれた。

 

こいつら、まじでシツコイ!!!!!!!

 

これでもかってくらい、攻めてくる。

いや、マジで。こんなにちっこいのに・・・

 

顎が発達してるから痛いらしいのよ・・・・

 

 

日本にいるのかな?

たぶん石垣島とか宮古島にはいそうだけど。

 

とにかく、魚には触ろうとしないこと!!!

海では人間のほうが自由がきかないってこと、おじゃましてるってことを意識しないとダメだよ。

 

ちなみにしましまの海蛇はハブの20倍の毒をもつらしいから噛まれたら即死。

 

サンゴでも毒サンゴっていうのがあるからうかつに手とかついちゃダメだよ!!!

 

ちなみに水中で懐中電灯を水平とか水面に向けるのはやめましょう。

北に劣らない水中ミサイル:ダツが突っ込んできます。

ダイビングのマスク、割れます。頭貫通します(画像検索すれば出てくるよ)。

 

でも、夜光虫ってきれいなんだよな~

 

 

headlines.yahoo.co.jp

広告を非表示にする