アルミ缶の上にたくみかん

自転車のタイヤ交換28→23へ

昨日は、夜間に部屋でクロスバイクのタイヤ交換に挑戦してみました。

 

かれこれもうこの自転車には1年乗っていますが、やったメンテナンスはチェーンの注油とブレーキパッドの交換くらいです。

 

小学校から自転車のタイヤはいつも自転車屋さんで交換してらっていたので

自分でやるのは人生初めて。

 

なんでかっていうと、だって、クロスバイカー以上が自転車屋で交換してもらうってなんかダサいじゃないですか!!

それに今年は三重から実家の大磯まで帰ろうと思ってて、途中でパンクすることを考えるとタイヤ交換できないとダメだなって。

 

 

見てください、このタイヤのヒビ!

これが交換しようと思ったきっかけです。

 

f:id:tacumix:20160227094752j:plain

トレッドのヒビは良いとしてもサイドの亀裂の広がりはさすがにやばいかと。

 

こっちはフロント

f:id:tacumix:20160227094802j:plain

今にもトレッド剥がれそう・・・・

 

ってなわけで例によってAmazonで買いました。

ちなみにタイヤはデフォの28から23に変更です。

これはタイヤ幅を意味してるので細くなるってことですね!!

 

これがボロボロのタイヤの規格

f:id:tacumix:20160227094911j:plain

 

んでAmazonで買ったのが

f:id:tacumix:20160227094844j:plain

 

ちなみに参考にしたサイトではタイヤは折りたたまれてたのですがこれは

下の写真そのままで来ましたw

例によってダンボールがでかいこと・・・

真ん中にあったのは一緒に買ったパナレーサーのタイヤレバーです。

 

f:id:tacumix:20160227094815j:plain

 

タイヤのサイドには製品名とメーカー名が入っています。

個人的にはこの白のラインがお気に入り♪

 

f:id:tacumix:20160227094836j:plain

 

ついでにチェーンが泣いていたので、メンテナンスしました。

といってもできるのは灯油洗浄w

下のはスプロケだけどね

f:id:tacumix:20160227094853j:plain

 

ってことで交換終了です。

f:id:tacumix:20160227094902j:plain

 

 

ところがこの交換になんと2時間もかかってしまいました。

 

理由は3つ

・タイヤからチューブとれない

・新しいタイヤがリムに入らない

・せっかくハマったのに空気いれたらチューブ噛んでてやり直し

 

 

・タイヤからチューブとれない

タイヤレバーでタイヤをリムから外したのは良いのですが、チューブがタイヤの中に入っていて、しかもすこしくっついていて最初はどうやったら抜けるかわからず悪戦苦闘しました。チューブもどこもまで引っ張ったら穴があくのかわからないし。

で、とった作戦がタイヤごとチューブも外して後で隔離!

 

・新しいタイヤがリムに入らない。

これは最後の工程で、タイヤの両サイドをリム内に収めるのですが

最後の20cmがなかなか入らない。そりゃそうです、密閉されるべきものなんですから

きつきつ。

サイトでは握りつぶして逆サイド側を外すように押しこめばOKとありましたが、

タイヤが細いのか僕の手が大きいのか、ぜんぜんつぶせない・・・

ってことでタイヤの半径方向に引っ張りながら押しこむことで解決です。

 

・せっかくハマったのに空気いれたらチューブ噛んでてやり直し

ところがどっこい!

やっとはまっと思って空気を入れました。

すると耐圧の130psi付近になるとタイヤの一部がリムから浮いていたのです。

これから考えられることは一つ。

中でチューブが挟まっている。

 

もともとのチューブが28まで対応できるやつなのでチューブが太く空気がない状態ではリム径より大きいのです。だからタイヤに入れるときはどこかでS字に折りたたまなくてはならない。ところが空気がないものですから、狭いタイヤに入れるとこのS字の部分がリムとタイヤのサイドに挟まって上のような現象を引き起こすのです。

 

タイヤの交換はフロント→リアとやったのですが、

後輪でこの現象を発見し、やり直してフレームに組んで完成かと思った矢先、

フロントをよくみたら同じ現象が。

 

そんなこんなで2時間です。

 

でもコツは掴んだので次回から大丈夫かな?

 

さっそくスーパーに乗ってきましたが

タイヤが細いのか新品だからか、コーナーが曲がりにくい。

でも接地摩擦は軽いのでこれは評価です。