アルミ缶の上にたくみかん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルミ缶の上にたくみかん

自由な僕がより自由を求めて行動します。

今のうちに地震対策をしておいたほうがいいかな?

今日はお昼休憩直前に、会社の携帯が一斉になりだしました。

犯人はコレです↓

 

f:id:tacumix:20160401171806p:plain

 

オフィスの人数はざっと百人くらい。

一斉にみんなの携帯が鳴り出すものだから最初は、会社の警報機の誤作動だと思っていました。

 

でも、少し音がずれて聞こえたとき確かに「緊急地震速報です」という声が聞こえました。

この時僕の頭をよぎったのは、とうとう来てしまったのかこの日が。

でした。

 

揺れ自体は震度4だったそうです(地震計が無いのか揺れの割には桑名市は入ってませんでした)。

 

非常に嫌ないわゆる低周期の横揺れで体感ですが40秒位は続いたと思います。

 

結局そのあとはみんな普通に仕事をしていましたが、気になったので震源地を調べてみました。

 

すると興味深い事実が。

 

今回の震源地:北緯33.4度 統計136.4度 深さ10km

昭和東南海地震:北緯33.6度 東経136.2度 深さ40km

 

地学には疎いのですが、単純にみればニアミスです。

 

地図で昭和東南海地震の場所を知っている人はニュースをみて体が震えたのではないでしょうか。

 

ちなみに昭和東南海地震のときは、海鳴りが聞こえたり山に閃光が走ったりしていたそうです。

 

 

根拠はないですが、僕もこれは東南海地震の前震ではないかと考えています。

今後は地震雲に注視していきたいと思います。

 

ところで地震の準備ってされているかたはどのくらいいるんでしょうか。

僕は全く道具がありません。

 

東日本大震災のあと、各自治体でハザードマップが有名になりました。

また、街中で津波が到達した時の水位を示す看板が目立つようになりました。

ちゃんと自分の家、職場と津波時の関係を把握していますか?

こういった情報は市町村のホムペのなかにある防災関連にいくと見られるはずです。

道具がそろっていても避難できなくては意味がありません。

ちゃんと把握しておきましょう。

 

ちなみに桑名市はこんな感じです。

f:id:tacumix:20160401174849j:plain

 

僕の家はギリギリセーフ!

 

でもあくまで予測ですので、参考程度にしておくのがいいでしょう。

 

タイムリーですが、公衆電話の場所も確認しておくと良いと思います。

あとはしっかりと所在の連絡先を紙にメモしておくこと。

 

1日1分でいいから自分の逃げるルートをイメトレするのもいいかもしれません。

今はわかりませんが、航空会社のCAは離着陸時に三十秒間だけ瞑想の世界に入ります。というのもこれはサイレントサーティーセカンドと呼ばれるもので、

いちばん何かが起こるとされる時間で、もしその何かが起きた場合の対処をイメトレしているそうです。

 

これと同じようにもし地震が起きたらを想定してルートの確認等しておくだけでも、たくさんの命が救われると重います。

 

ドラマGOOD LUCKでは香田キャプテンがこんなことを言っていましたよね、

「事故はすぐそこにある」

と。

 

安全なのは今だけです。

 

こういうときに備えて今週末は避難グッズを買おうと思います=対策です。

 

 

備えあれば憂いなし

 

 

 

 

  

広告を非表示にする