アルミ缶の上にたくみかん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルミ缶の上にたくみかん

自由な僕がより自由を求めて行動します。

気持ちが高ぶると想像力が上がる気がする。

選択の自由があった学生時代、

それこそその時頑張ればなんだって夢はかなえられると思っていた。

 

結局自分のなりたい職業にはなれなかったけど。

 

でもそれは才能が無いわけじゃなかったんだと思う。

 

うまく言語化できない表現力のなさに問題があった。

簡単言ってしまえばヒューマンスキルに欠けていたんだ。

 

バックパックとかしてないし、ヒッチハイクとかもやったことないけど、

それなりに自分ではいろいろ挑戦してきたつもり。

 

勉強も然りだ。

 

工学のセンスが無いのに工学を専攻してしまったもんだから

ついていけないのは必至だった。

それでもどうにか興味を持とうと、スティーブ・ジョブズとかPCとかについて

いろんな面から吸収しては真似してみた。

 

全く関係ないことを知ると僕の場合、はまってしまう。

親が言うには急に視野がせまくなって周りが見えていない状況だ。

 

そんでもってこれを知った自分はすごいと思ってしまって

その知識を使った将来が勝手に頭のなかを巡り巡る。

 

急に想像力が向上してしまうのだ。

そうなってる期間だけは学校の授業も集中して楽しく聞けていたと思う。

 

でも、飽きやすい性格だから、一つのことに飽きると別のことを学ぼうとする。

 

とにかく常に考えているのが好きだった。

 

社会人になってから振り返ればそんな機会が減っている気がする。

 

これは大人になったからなのかはわからない。

 

でもなんだか寂しい。

 

想像力は創造力を作ると思っている。

 

関係ないことに通じてこそイノベーションって起きる気がするだけに。

 

お金をもらっていることに安心しきっているに違いない。

 

だからどんどん勉強しようと思う、まったく関係ない分野のこと。

 

 

刺激がほしいぜこのやろう

広告を非表示にする