アルミ缶の上にたくみかん

【3/日本百名山】2016.05.05 甲武信ヶ岳

5月5日は、地元大磯のわれらが永久の遊び場:馬場公園で国府祭という祭りだった。

この祭り、小さい頃は大好きだったけど、地元の人との交友がなくなるにつれて嫌いになった。だって人に会うのが嫌なんだもん。中学校では嫌われ者で・・・w

太鼓も音が嫌になるほど。

そのうえ、自宅は神輿の通り道になるから祭りが始まると外出はできない。

 

そこでなんとか5月5日は家から出るべく、計画したのが蛭ヶ岳第2弾!!

到着は前回と同じくらいの5時30分だけど、駐車スペースの塩水橋はすでに満車だったため断念。

 

仕方ないのでヤビツ峠を超えて秦野市街のセブンでそれからの予定を計画した。

親には塔ノ岳を進められたけど物足りない。

 

そこで片道二時間以内(登山開始が9時くらいになるように)で行ける、標高が2000mを超える山を探した結果、山梨県の甲武信ヶ岳が妥当という判断。

 

実は、先に調べたのが赤岳で本当は赤岳に登りたかった。

でも人のブログを読んだところ、去年五月下旬の頂上付近でアイゼンが必要か迷った人が結局ノーアイゼンで登ったという記事を見て、五月下旬じゃアイゼンがないとだめだなと判断。

逆にそれより低い甲武信ヶ岳ならアイゼンが必要までもないかという推定となり甲武信ヶ岳に向かうことにしたのだ。

 

ルートは東名→圏央道→中央道を経て勝沼ICで降りたあと下道で甲武信ヶ岳へ。

 

途中、盆地がよく見渡せる場所があって、そこから見るアルプスをはじめとしたメッカの山々が堂々とそびえたつのを目の当たりにし一人で「すげー」を連発

 

 

 

 

では例によって・・・登山中の写真を。

 

f:id:tacumix:20160507181748j:plain

まずは回収ボックス。

久しく見た気がする!!

 

 

f:id:tacumix:20160507181834j:plain

最初に車が入れないようなゲートを抜けてきたせいか、これが登山道かと思っていた。

でも渓谷に行く道と同じらしく単に舗装されてただけだったー

 

f:id:tacumix:20160507182018j:plain

ちなみに駐車場はこんにゃくを売っているお土産屋さん。

無料駐車場ありと書いてあったので迷わず止めてしまった。

トイレまで借りた上に何も買わずにすみません。

 

トイレは登山口に入るまでにちゃんとあった!!(上の写真)

 

 

f:id:tacumix:20160507182207j:plain

同じ場所には道路を挟んで安全祈願かな?祠があったのでお参り

 

無事に下山できますように・・・

 

f:id:tacumix:20160507182526j:plain

山岳指導所って何なんだろう?

やっぱり遭難が起こりやすいのかな?

 

f:id:tacumix:20160507182615j:plain

それにしても気持ちのいい場所!

こうやってハイカーもいるし楽しい

 

f:id:tacumix:20160507202021j:plain

登山開始!!て思ったけど実はこの五分後に開始。

f:id:tacumix:20160507202131j:plain

っていうのも徳ちゃん神道で行きたかったから!

 

結構稜線を渡ったり狭い道だったり、腰ぐらいまである段差を超えたりするから面白い。こうやってどこのルートを通ろうか決めるのって好きだな~

 

f:id:tacumix:20160507202318j:plain

登山道に倒木!!

でも写真中央にあるようにちゃんとステップが彫られていて助かった

 

f:id:tacumix:20160507202403j:plain

山のふもとの方はこういった杉の木が!!

針葉樹なせいか枯葉がいいマットになっているから足に優しいし気持ちいい

 

 

 

 

 

f:id:tacumix:20160507202504j:plain

登山道で見つけた足跡。

どうみても熊のような気がするが・・・

 

f:id:tacumix:20160507202543j:plain

結構枯れ木が多かった。

酸性雨なのかな?

でも山頂の方が緑があった気がする

 

f:id:tacumix:20160507203011j:plain

少し開けたところで下山中のおじさんに道を譲ってもらった時に撮影した写真。

すごい富士山がきれいに見える!頂上よりも良かったなー

でもこのあと頂上まで2時間かかった・・・

 

 

f:id:tacumix:20160507203138j:plain

縦向きで撮影!

木がいい感じのフレームを作ってくれる

 

f:id:tacumix:20160507203219j:plain

この岩が見えて頂上かと思ったけど全然ちがった件。

「ここからが登山」ってのを何回も感じた後に頂上なんだな、登山って。

 

f:id:tacumix:20160507203410j:plain

この岩場から撮影した景色。

さっきのほうが新鮮味があったな

f:id:tacumix:20160507203532j:plain

このあともう少し登ったところで出ました、残雪=氷。

傾斜のあるとこに多かったせいか時間がかかったー

 

f:id:tacumix:20160507203637j:plain

やっとのことで登ったと思ったら別の山だった。

そう、甲武信岳はもうひとつ向こうに見えるピークだった・・・・

 

f:id:tacumix:20160507203806j:plain

This is 甲武信岳。いや、That is 甲武信岳・・・

近いようで遠いのは蛭ヶ岳と一緒だなー

すでに慣れたので問題ない(笑)

 

f:id:tacumix:20160507204011j:plain

よっしゃ、ピーク!かと思えば誰が積んだのだろう。だまされた・・・頂上じゃない

 

 

f:id:tacumix:20160507204101j:plain

 

でもじゃーん!!

やっとのことで甲武信ヶ岳登頂!!

標高2475mは、寒い・・・

でも達成感半端ない。

 

実はさっきの頂上と思った場所から別の人と抜かし抜かされ(いや、譲り譲られ)だった。その人とすぐにここで会い、交わした握手は余計に達成感を味わえるきっかけとなった。

 

一人だけど独りじゃない。それが山なんだな。正直、泣きそうになった。

 

f:id:tacumix:20160507204335j:plain

良い岩場があったから一休み。

登頂してすぐにガスった蛭と違ってここは風は冷たいけど日差しは熱い。そういう場所。

んー格別だな

 

f:id:tacumix:20160507204454j:plain

あれに見えるは八ヶ岳?

今年は赤岳に登るつもりだ。

待ってろ、このやろー!(ドラマGOOD LUCK!!でキムタクが言ったセリフのまね)

 

 

f:id:tacumix:20160507204607j:plain

頂上に着いたのは13時すぎくらいかな

 

そこから15分か20分休憩して下山したのが16時前。

日没じゃなくてよかった・・・・

 

帰りは9km西に行ったとこにある笛吹温泉ってとこで癒して下道で帰宅。

 

山梨はいい♪

 

今回はストック様様だった。

でも有効なのは登りだけでダウンヒルはストック無い方が早い。

強いて言えばここでトレイルシューズに履き替えたら帰りはあっという間だったと思う。

 

そして、登山ログをダイブログみたいに記そうかな。

 

ちなみにこれがGW最後の登山。

この休みで登頂したのは、大山、丹沢山、蛭ヶ岳、甲武信ヶ岳の4山。

伊吹山を含めたら百名山は3座クリア。

あと97座がんばるぞ!!