アルミ缶の上にたくみかん

Aqours 永久に私たちのもの。

ラブライブサンシャインの2週目を観終わった。

 

映像はもちろんだけど、セリフを聞いてるとやっぱり初代ラブライブをリスペクトしててとっても良い。

 

でも何度見ても最後の千歌の大暴走はなんだかなー笑

さすがに他のメンバーが可哀想に思った(^^;;

 

さて、このアニメを見てAqoursって名前にどんな意味があるんだろうって思った。

投票ではaquaとoursを掛けたって書いてあるけど、なんで水なのかなって思う。

μ'sみたいにギリシャ神話とかの深い意味が無いのかなって気になる。

 

で、観終わってふと考えてみた。

Aqoursって最初はμ'sを追いかけていたけど、12話でμ'sが何故成功したのか答えを見つけて、やっと自分たちらしく自由を求める方向に歩いたんだよね?

 

つまり自分たちは自分たちの姿であるべきだって。

そしてこの9人、周りの友達や地元の人たちと一緒にラブライブっていう夢を目指してきた、時間を大切にしたいって思ったんじゃないかなって推察する。

 

そこを考えて改めてエンディングの砂辺に書かれた名前を見て思った意味がこれ。

 

「Aqoursは永久(Aq)に私たちのもの(ours)」

 

この9人でしかできないっていうのはμ'sと共通してるけど、μ'sを追いかけてきた自分たちが今後どうあるべきかっていう難題に対して答えを出した結果が名前に込められるんじゃないかなって?

 

ちと無理やりだったけど…

 

僕も普通に高校生やってたらこんな青春あったのかな?