アルミ缶の上にたくみかん

家庭内ビジネスをしているお話

たまには文字多めにしておきます。

タイトルのとおりです。
家族相手に金を巻き上げています。

どんなことかというと、
・借りてきたCDをPC経由でSDカードに名前をつけて保存する:だいたい1000円
・おっさん(父)が成り行きで契約したプロバイダの節約を解除する:違約金と同額
・ついでに固定電話を解約する:固定電話の年間費の半額
スマホのフィルム貼り:100円
・無駄なオプションの解約料:年間で支払う予定の半額
・おっさんの買い出し:交通費+1000円

などなど。 ビジネスと言いつつ金額は成り行きです。

家族相手にこういうことをする理由?

いいように使われることが嫌だからです。

今の知識と経験があるのはもちろん親が大学まで出せてくれたおかげだと思っています。
(厳密には学校の選択と決断をしたのは私ですがw)

でも、だからといって自分の子どもを奴隷のようにこき使おうとする、特におっさんに対して
嫌気がさすのです。

はっきりいいます、私を育ててくれたのは母です。
7歳下の妹を育てたのは私ですw←結構マジ。
育児放棄というよりは共働きだったから寂しくさせたくなかったゆえの行動。

良いんですよ、私が見せながらすることで覚えようとしてくれるなら。
でも会社にもいますけど何度言っても理解しようとしない人に対して
こっちだって何回もやるわけにはいかないわけです。
それも父親として機能していないのですから。

そこで私はおっさんを親ではなく一人の顧客として見ることにしました。

これでちゃんと覚えてくれるのかなと思ったら結構いろいろと頼んでいきます。
ま、こっちも金もらえるならやっても良いかなと言う具合に動いています。

そして思ったこと、母40代、父間もなく60代。
ITリテラシー低すぎです。

見栄を張る父はとにかく購入当時で最高のスマホを買います、先月は母にお願いして10万のタブレット買ったとか。
使えればいい、そんな母親はSBのスタッフに言われたとおりのオプションに加入します。
本当に馬鹿としか言いようがない妹、ただの信者です。

結論を言えば、私の家系ってお店にとって良いカモってわけなんです。

家庭内ビジネスを通して思ったことは、意外にもバブルを生き抜いてきた世代、日本を作ってきた世代が
今の日本についていくどころか置いてかれているということです。
面倒くさい、わからないの代償がこのザマですから痛いと思います。

今日はdocomo wifiの契約をスマホ経由でしました。こんな私でもやり方や設定に苦労しました。
これじゃわざと仕組みをわかりにくくしていると言われても仕方ありません。

たぶん、もっとシンプルな仕組みになったら爆発的に売れるでしょう。
そしてプライドの高い世代でもありますからお客様として補助サービスを展開したら
ウィンウィンな関係が築けるのではないかと思っております。

こんなことを見てきたお客としての母も最近は稼ぐ側になりそうです。
というのも家族がいながらパチンコをずっとやってきた自由なおっさんにいらついています。
おっさんが遊んでいる中、苦労して働いて稼いで渡した結婚記念のプラチナブレスレット。
母はこっそり回収して売ろうと計画しているのでした。
私は全力で支持します。