アルミ缶の上にたくみかん

2017年6月3日 鍋割山~YAMAPすごいな~

今日は会社のメンバー3人と僕で地元神奈川の丹沢山地は鍋割山に行ってきました。

他人と登るのは初めてになります。

準備運動

朝4:10におきました。
0時過ぎまでお酒を飲んでいたのですが、飲んでいない平日より目覚めが良いとう謎です。

4時45に走りましたw
約10km
f:id:tacumix:20170603151900p:plain
週1でしか走れていない現状ですがタイムは確実に上がっています。

地元大磯といえばこの時期の名物は海水を飲みに来るアオバトですが、
ちょうど飛んでいるアオバトを見ることができました。

すでに616kcal消費です。

いざ鍋割山へ

7時半、小田急渋沢駅集合で、そこから車で途中まで行きます。
渋沢駅は丹沢山地への登山客でごった返し。
行き先は大倉という登り口です。

ですが、私達は車です。
実は車で行くと途中まで入れるので大倉から歩くより1,2時間時間をかせぐことができます。

f:id:tacumix:20170603152640j:plain

f:id:tacumix:20170603153624j:plain
しばらく林道

f:id:tacumix:20170603153714j:plain
最初の分岐点

f:id:tacumix:20170603160034j:plain
川にかけられたきれいな橋を渡ります。
梅雨入り前ですがもう夏ですね!!

f:id:tacumix:20170603160125j:plain
林道コースかショートカットコースをいきます。
僕達はショートカットすることにしました。
f:id:tacumix:20170603160613j:plain f:id:tacumix:20170603160223j:plain
林道との合流地点にいた山の恩人さん

正直しらない

f:id:tacumix:20170603160329j:plain
沢です。

f:id:tacumix:20170603160459j:plain
沢を渡ります。橋が隣にあるのですが、初心者二人は橋を渡りました。
経験者は石渡を選びますw

f:id:tacumix:20170603160645j:plain
丹沢山地の地図です。
後沢乗越経由でいきます。
f:id:tacumix:20170603160741j:plain
にしても分岐が多いですね、丹沢山地って。

f:id:tacumix:20170603160830j:plain
丹沢大好きな先輩いわく、神奈川県はお金持ってるから
登山道の整備がちゃんとしているらしいですよ!!

でも僕は昔の人が開拓したような道が好きですね~

これは鍋割山名物、ボランティア荷揚げです。 f:id:tacumix:20170603192956j:plain

ちなみにここまでは林道、ここからは稜線に向けての急登となります。
そしてここの水は鍋焼きうどんを作るための材料になります。
水の他に、出汁だったり、ガソリンだったり、ガスなどがありました。

目的はうどんですから当然持っていきます。
僕は4リットルのボトルと出汁3本をザックにしまいました。 f:id:tacumix:20170603193211j:plain

総重量20kgオーバーと、いいトレーニングです。

f:id:tacumix:20170603193332j:plain

ちなみに最後の休憩所となるここはマルタの椅子が置いてあります。

こちらはいつも仕事でお世話になっているお兄さん的存在の先輩。
3歳しか離れていませんが、いちいち仕草がかっこいいです。
f:id:tacumix:20170603193628j:plain

それでは出発です。
ちなみに理由はわかりませんが、初心者にありがちな
この片側だけ背負うのは後々疲労を招くことになるのでやめましょう。
f:id:tacumix:20170603194531j:plain

f:id:tacumix:20170603195004j:plain
先頭の人が山岳会にも入っている山登りの先輩です。
脚を痛めてリハビリ中とか。丹沢マニアですw
ちなみに背負っているザックは復帰を誓って購入した
オスプレイのタロン33ってやつです。
機能的には良いなと思いましたが、背負うベルト部分がモンベルのように
薄くて長距離縦走だと肩が擦れてしまいそうです。
でもこれ2011年のモデルで1万5000円とかするのを6000円とかで買ったそうな…
ちなみに彼は明日、檜洞丸に行くそうです。

というか僕も早くテントほしいですよーーー

f:id:tacumix:20170603195822j:plain
んー気になることがあるのです。
丹沢パイセン、普段の仕事では失礼ながらも地味というか
年相応の服装なのですが、ザックにしろウェアにしろ
登山では派手が趣味なようです。
僕も今日はピンクだったので本気を出すとそんなものなのでしょうか?

f:id:tacumix:20170603200040j:plain
さて、ところどころ植物にこんなのが付いていました。
丹沢パイセンいわくモリアオガエルの卵だそうですが
僕の記憶では、カエルの卵にしてはアワアワしていない、
水辺がない。
ということで腑に落ちないものでした。
で、帰ってから調べたところアワフキムシというカメムシの排泄物だそうですw
グロそうなので詳細は見ていません←

f:id:tacumix:20170603200345j:plain
歩くこと20分くらいで、後沢乗越につきました。
丹沢山地はほとんど針葉樹林帯で杉の木です。
標高も低いので乗越といえど眺望はよくありません。
鍋割山の場合、稜線=尾根なのでさらに急登となります。

f:id:tacumix:20170603203846j:plain
高低差を伝えようと先行者を写しました。
結構みんな疲れています。
抜かし、抜かされの感じです。

ちなみにこの尾根伝い、1時間くらいかかる感じです。
それでも恵那山に比べたら景色的にはまだましです。

f:id:tacumix:20170603204141j:plain
ここは乗越から山頂までの1/3くらいの場所です。
少し開けては来ましたがまだ何も見えません。

f:id:tacumix:20170603204247j:plain
ぎりぎりでしたが、ミツバツツジです!
この時期はツツジが全国的に盛んですが
さっきYAMAPを見たところ、九州のミヤマキリシマは
すでに今シーズン終了とのことでしたので
ある意味ラッキーかもしれません。

尾根伝いに出てからは天気が悪化し、曇ってきたのですが…

f:id:tacumix:20170603204344j:plain

出ました、日本のへそ、富士山です!!!
もちろん僕はうれしいですが、疲労の限界に来ていた
初心者パイセン二人に見せることができて一安心。

f:id:tacumix:20170603204701j:plain
だいぶ雪が解けて来ましたね。

f:id:tacumix:20170603204815j:plain
やっぱり富士山は見る山ですね。

f:id:tacumix:20170603204941j:plain
対してこちらは我らが湘南、江ノ島です。

f:id:tacumix:20170603205059j:plain
裾野までくっきりです!

f:id:tacumix:20170603205136j:plain
拡大!
           

    

気づきました?

視界が広がったことに。

ということは、、、

        
そうです。

f:id:tacumix:20170603205358j:plain
ほーら山頂が見えてきましたよ!!

f:id:tacumix:20170603205448j:plain うどんやさんw

f:id:tacumix:20170603205544j:plain
これはボーナス確定ってやつですわ
少し傾斜のあるところに荷物を置いてうどんを買いに行きます。

店内撮影禁止ですが、山荘でのシステムは、
(1)うどんを買う人は、代表者名とパーティーの人数を記入する
(ファミレス方式です)
(2)待つ
ちなみにお湯はガソリンストーブで沸かし、それをガスにかけるようです
(3)出来上がると呼ばれます
(4)鍋焼きうどんは1000円です
一般的には高級ですがその価値は十分あります
ちなみに出されたうどんは出汁が沸騰しています
(5)その場で、七味をかけ、箸をとり、レンゲを浸して外にレッツゴーです。 f:id:tacumix:20170603205944j:plain
f:id:tacumix:20170603205932j:plain

最高かよ!!!

f:id:tacumix:20170603210057j:plain
そしてこれがまたうまいんだな。 山登りした後にみなさんは何食べますか?
僕はなんでも食べますが味覚的には塩分が高いものを選びます。
ここのうどんは美味しいですが、味が濃いです。
地上では辛いという表現が妥当でしょう。
でも苦労して登ってきた人たちにとってはベストな味付けだと思うのです。
カップヌードルで喜んでいたのが馬鹿馬鹿しい。 f:id:tacumix:20170603215930j:plain   f:id:tacumix:20170603220013j:plain

南アルプスも見えました。ARの山座同定から北岳と思われます。
f:id:tacumix:20170603220111j:plain

30分ほどゆんたくして下山です。

YAMAPの素晴らしさ

今回は事前に丹沢パイセンにYAMAPというアプリをダウンロードするように言われました。
YAMAPというのはスマホ搭載のGPSを利用したランニングアプリのようなものです。
通常のGoogle Mapsなどでは地図はその場その場でダウンロードするため
電波が悪いところでは地図が表示されません。

ところがGPSはキャリア回線使わないので圏外でもGPSが通れば居場所が分かります。
そこでYAMAPは事前に登山地図をダウンロードをすることでGPSを使って居場所を同定することが
できるようになりました。

つまり、電波がなくても居場所を把握できるので遭難しにくいというのがあります。
そして機内モードで使うことができるのでバッテリーを節約できるのです。

しかも、表示されるのは消費カロリーや標高などです。
とくに標高は居場所を把握するのに僕の中では重要指標となっており、
それが鍋割山では正確でした。

つまり、これまで使っていたスントは参考程度にしかならなくなっていたわけです。

しかもカメラで位置情報を許可している場合、YAMAPにも撮影した場所が地図上に表示されます。

頂上まで3時間くらいかかりましたが、iPhoneSEで、その間バッテリーは15%しか
減らなかったので歩行時間が長い北アルプスでも十分にその性能を発揮できると思いました。

なによりすごいのはこれを作った会社がベンチャー企業ってことですよね…。
これだけ必要とされる機能を作ってしまったわけですから。

昨日打ち上げ成功した みちびき の導入でさらに精度が上がるかと思います。

f:id:tacumix:20170603211242p:plain
f:id:tacumix:20170603211245p:plain
f:id:tacumix:20170603211251p:plain

消費カロリーを表示してくれるのは本当にうれしいです。
これを信じると今日の消費カロリーは3000kal超えています!!
剱岳ではどうなるのか楽しみですw

これだけの機能がついていると逆に登る人はデバイスに甘えてしまい
感覚を失いがちになることです。
僕も勉強中の身でですが、
やはり地図を読める力は最低かつ必要条件だと思っています。
僕はYAMAPの地図で居場所を知ることはできましたが、
その先のルートがどれくらいの勾配になるか、そこから派生して
どのくらいのペースでいけば体力が持つかなどを想像することができませんでした。
この「想像」ということは登山においては非常に大切なことで、
8000m級全座クリアの竹内洋岳さんでも想像力が無いばかりに人類未踏の山に
敗退を強いられたと言っていっております。

自然を相手にする以上、少なからず命はかかっているので
必ず生きて帰るためにも想像力を養うこと、そのために必要なスキルを身に着けておくことは
それをする人の絶対的条件だと考えております。

誰だって趣味に命を掛けたくはないと思いますので
もし安易に◯◯に登ろうと考えている方がいるのであれば今一度
そのときに自分がどうなっていることが考えられるかなどのイメージは持っておいた
方がよろしいかと思われます。

年末から今年も遭難事故が多いです。
次の山に繋がるよう、ご安全に下山ください。

ちなみに・・・・
これだけあった水ですが、 f:id:tacumix:20170603192956j:plain
帰りには
f:id:tacumix:20170603220222j:plain
なんと、すっからかんになっていました!!!!
こういうホスピタリティが日常であればもっと良い日本になるのですが(^_^;)

天気もよく、うどんもおいしく初心者パイセン2名はとても楽しく思っていただけたようで
何よりです。