アルミ缶の上にたくみかん

アルミ缶の上にたくみかん

日本百名山を中心に単独登山やドライブなどを書いた日記です。

帰宅訓練~赤坂見附から大磯へラン~

f:id:tacumix:20171008190941j:plain

もうあれから6年。月日の流れは早いんだよな。

首都圏は公共交通機関でことが成り立っていると思ったほうがいい。
だから交通マヒになるとこんな写真みたいなことが起きてしまう。

でも人が密集した場所こそ危ないなーって思うんだよね。
満員電車に乗ればわかるけど、身動きとれないじゃん。

しかも個人的に首都圏のサラリーマンって我が強い。
平気で人を押しのけてくるし、謝罪もないし。
そんなんで震災とかまた来た日には死者が出るんじゃないかなって思うの。

じゃあ交通機関使えなくなったらどうすりゃいい?
ってこと。

答えは、

自力で帰る

これだけ聞くと呆れるかもしれないけど、
1番理にかなってると思うんだよ。

だって駅に居たって全然帰れないんだもん。
これが真冬だったら体温だけどんどん奪われちゃうし。

待ってる時間あるなら家に近いところまで
行ったほうがいいと思うんだよね!!

でもいきなり本番ってのも無理あるでしょ??

だから、

訓練しちゃえ!!!

衝動からの計画

ときは10月7日 土曜日
ゴールドジムで胸をトレーニングした後の電車でふと思った。

「最近、有酸素やってないな~。しかも山に行くお金ないし」
お金がかからない趣味だからと山登りをしていたのに、
毎週行っていた去年は赤字。
馬鹿なことにリボにも手を出しちゃってこの一年苦しかったー。
(今月の支払いでリボ完済)

だから今年はほとんど登ってなくて
欲求不満がエグいことになってる。

そうするとさ、もう筋トレとか走るとかしか選択肢ないんだよね。
でも走るの大嫌いだし。。。

で、どうするか。
出した答えは、考えてるくらいならやっちまえ!!!

だからそんなこんなで思いついたのは昨日の夜になってからのこと。

ここで簡単なスペックをご紹介と。
・年齢:25歳
・性別:男
・身長:176cm
・体重:94kg
・趣味:じぶんイジメ

意外と大きいでしょ?
たぶん地球温暖化に貢献してるんだよね…

東京-大磯っていえば、日本橋を起点にする
東海道が有名だけど、最短で帰りたいから
そこで出したルートはこれ。
f:id:tacumix:20171008194234p:plain
246を通って県道45で茅ヶ崎に、そのあと国道1号線から大磯に向かうルート
Googleマップでは総距離61.2km
長い旅になりそうだ(゜o゜;

22時13分赤坂見附を立つ

21時56分、最寄り駅の上り電車にのる。
3連休ってこともあって東京に向かうにつれて
オサレな人が増えてくる。
そんななか「Run to live」とか書かれたNBの真っピンクの
ドライTシャツに、アシックスのハーパン。
OMMのザックにストック2本ぶっ刺して堂々と
座ってる。

完全にアウェイ感まるだし。

22時5分くらいに赤坂見附A出口に降り立つ
f:id:tacumix:20171008194445j:plain
f:id:tacumix:20171008193752j:plain
土曜日の赤坂見附は初めてだけど、平日より人が少ない以外は
あまり変わらないなー

22時13分、赤坂見附から246に向かって渋谷を目指す。

f:id:tacumix:20171008195849p:plain

渋谷でさらにアウェイ感

f:id:tacumix:20171008194624j:plain 246は思いの外静かで、昼間のような騒々しさはない。

f:id:tacumix:20171008194723j:plain
中秋の名月を終えた月が光光と夜道を照らしてくれる。
結局、この月とは最後まで行動をともにすることになった。

f:id:tacumix:20171008194850j:plain
青山付近。さすがセレブの町。
カップルやシャレオツな女性が歩いている。
そこをハァハァと駆け抜けていくアホ一人。
それでこそ自分だ。

f:id:tacumix:20171008200018j:plain
渋谷駅に到着した。
さすが眠らない街。
人も多けりゃ光源も多い。
人混み大嫌いだから早く抜け出したい。

f:id:tacumix:20171008200147j:plain
奥に109が見える。
ってか、エガちゃん・・・!!
この先は109の左側の道:道玄坂を登っていく

f:id:tacumix:20171008200239j:plain
スクランブル交差点。
ここで人間交差点やったら面白いだろうね!!

f:id:tacumix:20171008200356p:plain

首都高3号線と合流し、世田谷方面へ

渋谷を過ぎると首都高3号線と合流する。
ここは7月の同期BBQの帰りに通ったところ。
f:id:tacumix:20171008200608j:plain
このループは登ってきた覚えがある。

f:id:tacumix:20171008200646j:plain
三軒茶屋に来た。
なぜ略すと「さんちゃ」なのに正式名称は「さんげんじゃや」なのだろうか。。。。
f:id:tacumix:20171008200749j:plain
そういえば首都高に合流してから高層ビルはなくなった。
複数車線の上に高速道路が走ってる。ということを除いたら
ただの住宅街である。

人もだんだんと減っていく

f:id:tacumix:20171008200952p:plain

多摩川を超え神奈川県へ

f:id:tacumix:20171008201028j:plain
ここで首都高とはお別れになる。

少し直進すると、
f:id:tacumix:20171008201215j:plain
f:id:tacumix:20171008201329j:plain 二子玉川:通称:にこたま だ。
仕事で来たことはあるけど、こんな東京の端にあるとは知らなかった。

そして二子玉川を過ぎると、
f:id:tacumix:20171008201409j:plain
東京と神奈川の県境、多摩川に差し掛かる。

これといって神奈川県に入ることを知らせる看板はない。
ゆえに感動すらなかった。
僕と対抗する電車には「永田町行き」と書いてあった。
遅延の名線:田園都市線だ。
ここまで赤坂見附から15km程度

f:id:tacumix:20171008201633p:plain

246に再合流し、横浜市へ

f:id:tacumix:20171008201909j:plain
多摩川を過ぎると川崎に入る。
下町風情を醸し出すココらへんは古い家が多い。
その一方で沿線はマンションなどが立ち並ぶ。
住宅も世代交代を迎えているのかもしれない。

ここで初水分補給をした。

f:id:tacumix:20171008202206j:plain
軽量化のために財布はジッパー式の袋にダイレクトに入れている。
持ち金は3000円。

すでに時刻は0時を回っているということもあり、
白息が出ている。
そんな中でコールドドリンクを買うのは結構辛い。
だが後々このスポーツドリンクに救われることになる。

f:id:tacumix:20171008202358j:plain
温泉街を思い出させる小川もある。
川崎、意外と住みやすいかもしれない。

f:id:tacumix:20171008202517j:plain
そして再び246に入る。

1.5kmくらい246と並走したあと、脇道に入って進路を変える。

f:id:tacumix:20171008202653j:plain
ニュース的にいうなら閑静な住宅街だ。

f:id:tacumix:20171008202751j:plain
ついに横浜市に突入。
最初の難関だった長い長い横浜を駆け抜ける。

f:id:tacumix:20171008202852p:plain

脚の痛みと復活劇

f:id:tacumix:20171008203240j:plain
夜も更け、車も減ってくる

ほぼ直線コースだ。

f:id:tacumix:20171008203405j:plain
途中、バイクと車の衝突事故があったみたい。
深夜でも集中力は絶やしてはいけない。

センター北を過ぎたあたりから、ふくらはぎが強烈に痛くなってきた。
この痛みはマラソンで経験したことがあるからわかる。
脚がつる前兆だ。
自分から志願したとはいえ、電車もないこの状況で
脚がつったことによるリタイアだけは避けたい。

ふと、少し前。足つりの原因は、水分と塩分不足によるものと
調べたことがある。
自販機でポカリやアクエリアスを補給した。

すると15分後くらいには脚の痛みは引いていて
走れるようになっていた。

あとあとキリンのスポドリやダカラも飲んだが、
アクエリアスとポカリだけはめっちゃ効いた。
ありがとう、コカコーラ、大塚製薬。

f:id:tacumix:20171008203537j:plain
左に走っていたグリーンラインを右にみる。
ここからは畑が見えてる田舎ぶりだ。
ついっさきまで渋谷を走っていたとは思えない。

f:id:tacumix:20171008204049p:plain

横浜をあとにし、大和市へ

f:id:tacumix:20171008204138j:plain

ちなみにどうやってルートを把握していたかというと
PCでルート検索しておき、地図をこまめに撮影して保存している。
登場する写真は雰囲気を撮ったものもあるが、基本的には地図の境界を
示すチェックポイントを撮影している。
このジョナサンもそうだ。

途中、県道109号線から住宅地に入ったところで迷ってしまった。
バッテリー温存のため、機内モードで運用しているが、
ロストした場合はすぐにグーグルマップで居場所を調べる。

f:id:tacumix:20171008204432j:plain
大通りに出て進むと、ズーラシアの看板があった。
もう10年以上も昔に行ったきりだ。
まだオカピはいるのだろうか?
少しだけ獣臭がした。
鼻が冴えているのかもしれない。

f:id:tacumix:20171008205005j:plain
夜もちゃんと機能している信号機、さすがは横浜だ。

f:id:tacumix:20171008205112j:plain
ふと看板を見上げると、とうとう茅ヶ崎という名前が入ってきた。
近づいた。

f:id:tacumix:20171008205205j:plain
止まって撮影はしているものの夜ということもあってフォーカスが定まらない。
汗で画面操作が効かない、意図しないときにシャッターが切れるもんだから
ブレる。

f:id:tacumix:20171008205318j:plain f:id:tacumix:20171008205624j:plain 今度は茅ヶ崎までの距離表示だ。
最初に見たときは25kmだったかだいぶ近づいた。

たかが19km、されど19km

f:id:tacumix:20171008205426j:plain
時刻は3時21分。まだまだ明るい。

f:id:tacumix:20171008205516j:plain
そして大和市に入った。
ちなみに横浜との境界は境川の中心に沿ってとなっている。
だから「境川」か。うまいな

f:id:tacumix:20171008205705p:plain
f:id:tacumix:20171008210026p:plain

目久尻川へのアプローチ

f:id:tacumix:20171008205826j:plain
大和に入るとすぐ右側には航空自衛隊の基地がある。
橋かと思って通過したところにはアプローチライトがあった。
滑走路を備えているみたい。

f:id:tacumix:20171008210101j:plain
茅ヶ崎まで12km。段々と近づいてきた。
4時13分。

f:id:tacumix:20171008210204j:plain
4時29分、藤沢市に入った。

地図を見誤り畑に入って蜘蛛の地獄に陥る。
ロス10分。

ここからしばらくは目久尻川という川沿いを下降する。

f:id:tacumix:20171008210258j:plain
時刻は5時。東の空には明けの明星が輝き、空が明るくなってきた。

f:id:tacumix:20171008210436j:plain
そして東海道新幹線のガード下をくぐる。
湘南のエリアに近づいてきたのだ。

f:id:tacumix:20171008210554p:plain

夜明けと相模川

f:id:tacumix:20171008210701j:plain
川沿いといってもこんな荒れ地だ。
GoogleもドSだなと思う。
夜露でシューズが冷たい。
そして蜘蛛の巣に引っかかる。
地獄だった。

f:id:tacumix:20171008210825j:plain
初詣で有名な寒川神社だ。
こんな形で来るとは思っても居なかった。

そういえば、この時間はもう散歩している人たちがいたけれど、
みんな挨拶をしてくれた。たまらなく嬉しかった!
やっぱ挨拶って気持ちがいい

f:id:tacumix:20171008210956j:plain
いよいよ相模川に差し掛かる。

f:id:tacumix:20171008211059j:plain
今日は箱根や伊豆の山々がきれいに見える。
富士山も裾野が見える

f:id:tacumix:20171008211206j:plain
こっちは大山のピークが見えている

f:id:tacumix:20171008211251j:plain 相模川だ。奥には圏央道が見える。

ここからしばらくは南下するコースだ。
脚がとうとう来るところまで来てしまい、写真を撮る余裕がなかった。

f:id:tacumix:20171008211354p:plain

とうとう大磯駅へ

f:id:tacumix:20171008211524j:plain
前の写真から1時間11分後の7時18分、僕は国道1号線に合流していた。
とうとう地元大磯の高麗山のピークを捉えた。

f:id:tacumix:20171008211642j:plain
ついに大磯町に入る

f:id:tacumix:20171008211725j:plain
道路の反対側の木の下には、平塚宿を示す一里塚がある。
次は東海道53次か??

f:id:tacumix:20171008211842j:plain
花水川と高麗山

f:id:tacumix:20171008211924j:plain 奥には大山も望める

しばらく走ると小学生がたくさん歩いていた。
どうやら今日は小学校の運動会だったようである。

…僕も一人運動会をしたんだなと思いつつ最後の上り坂を線路沿位に
駆けていく

そして、
f:id:tacumix:20171008212115j:plain   大磯駅に帰ってきた。
開始から9時間34分後だ。

長かった。とにかく長かった。
でも一発で成功したことは嬉しい

f:id:tacumix:20171008212216p:plain   f:id:tacumix:20171008212222p:plain  

まとめ

ウルトラマラソン100kmのすごいと呼ばれるタイムが10時間であるから
今日のようなタイムでは全然どころか関門で脱落していたかもしれない。

それでもTJARに向けて第一歩をようやく切ることができた。
でも30kmで辛かったから、TJARはそこから早月尾根を経て剱岳に登ることを考えると
このままではやばい。

どうなるか分からなかったけど戻ってこれたことは本当に嬉しい。

だって体重94kgだもんwって体重は関係ないか。

訓練と言いつつも最後は自分で感動しちゃったけど
最近はこういう感動体験が無かったから素直に嬉しいな~

今度は東海道で帰ってくるか、箱根超えをするかもしれない。
今日よりは早く、余裕を持って何より楽しく走れたら良い。

f:id:tacumix:20171008212710p:plainf:id:tacumix:20171008212716p:plain