アルミ缶の上にたくみかん

アルミ缶の上にたくみかん

日本百名山を中心に単独登山やドライブなどを書いた日記です。

相手の生産性を考えるなら爆速対応が1番!!だと思っていたけど私生活に影響をきたしている件。。。

右か左へと流れてくるSlack、メール。

ビジネスでやっている以上、受け流すわけにはいきませんよね(年齢がバレる)。。。

前職が「爆速」「ユーザーファースト」を謳っていたのでそれに感化されて僕の仕事のポリシーもそうなりました。
だけどそれを意識しすぎるあまり私生活で影響が出て「気持ち悪い」存在になってしまっているようなのです。
ということで、まずは僕が実行している仕事の処理について話、次にそれが私生活にどう影響しているのかを話します。

現在の仕事の処理方法

優先順位の割当

これはどこのビジネスパーソンもそうだと思いますが仕事には必ず優先順位を付けます。
仕事には急にアサインする業務と一定でする業務があります。
前者は病気などの欠員による担当者変更、後者はメールチェックなどです。
これらに対して自分がアサインした瞬間に現在やっている業務は残り時間で処理できるだろうか、
どのくらいのコストがあればできるのかを判断し、順位を割り振っています。
また優先順位を割り当てるには一つのルールを設けています。

「こなせるタスクの20%は空けておくこと」

です。20%という数値に特に決まりはありません。
はっきりいいます、Googleからもらってきました。
ご存知のようにGoogleは20%ルールがあります。自分がやっている仕事の20%の時間を
自分が好きなものの開発などに使っていいという時間です。
ここからGmailなど名だたるアプリが生まれてきました。
言い換えれば20%の時間を空けておけばどんなタスクにも対応できるだろうという考えです。
一応、先輩たちが自分にそんな時間は無いとはねのけている一方で僕はそのおこぼれを頂戴して
仕事をしています(人の仕事を奪うのが仕事の本質だという師匠と上司の言葉です)。

優先順位はイシュー分解で見極める

私は安宅さんが書いた本:イシューからはじめよ
にかかれている内容を実行しています。
与えられた課題を解の質とイシュー度の2軸上に分解して4象限にタスクを割り振ってから
優先順位を決めてリスト化する考え方です。
f:id:tacumix:20180527202535j:plain
ちなみに言葉の定義として本では
イシュー度:自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ
解の質  :そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い
とされています。僕が要約すると、
イシュー度:今の自分の抱えたタスクや能力を考えた上で、時間などのコスト的に与えられた仕事を遂行できるのか?という度合い
解の質  :そのイシューを聞いた瞬間、目指すゴールやプロセスの概要をイメージできているか?
となります。

話を戻しますがこの優先度を考えた結果、僕の中で最も高いのはメールやSlackの返信です。
理由としては間違いなく相手の仕事を左右するからです。
少し時間が欲しいから待ってもらうにしても1分以内に返信ができるからです。

よくビジネスパーソンの1日のスケジュールに出社してすぐにメールチェックするというのがありますが、
僕の場合は流し読みで返信できるものはその場で返信するようにしています。
また、会議以外でパソコンと向き合っている時はどんな仕事をしていてもメールやSlackをチェックします。
ただSlackはメンションに自分の名前が入っていなければスルーです。
メールもタイトルだけ見て【重要】とか、お客様からのメールなら緊急度を考えてその場で返信するか決めます。
この判断時間はわずか10秒です。
Slackやメールなどは画面右下にポップアップが出てくるので最速では3秒で判断します。
また返信するにも相手がオフラインなら優先度を下げます。

こうすることでプログラムを書きながらでも対応することが可能になりました。

ちなみにメールは流れないように件名や宛先でフィルタリングをし、不要なメールは即削除することで
見逃し防止をしています。

私生活への影響

こういう感じで仕事をやっているとスマホのバイブにも反応してしまうんですよね。
鳴った瞬間、通知を見てしまう。
もちろん仕事中はチェックしていませんが仕事終わりや休日ですとどうしてもすぐそばにスマホがあるので
すぐ返信してしまいます。
その上、LINEなので爆速対応が可能となり届いてから3分以内で返信完了してしまいます。
僕としては
未読==タスク
なので早く処理してしまいたいわけです。

ですが、この返信の早さが相手を急かしているようで友人たちからは返信が来なくなったり、
1日返信しないと滑落したんじゃないのかとめちゃくちゃ心配されるなど迷惑をかけています。
こういうの気になったら調べてしまう性格なので「LINE 返信 早い」で調べてみると
・早すぎて気持ち悪い
・監視されているよう
・返すのが面倒くさくなる(送ってもすぐ返信が来るから)
などなど全く気が付かなかったことが次々と判明します。

さすがに悪い子としたなと反省しましたm(__)m
この場をお借りしてお詫び申し上げます。

返信は早いほうがよかれと思っていたのですが相手には相手の生活があるわけで、
そこを自分と同様に考えていたのが難点でした。
簡潔にいえば自己中。思いやりがないというわけです。

それにしても男は返信が遅くてイラツイている女性が多いらしいですけど
僕の場合は早すぎてイラつかせるという(^_^;)
むずかすぃ~

これからどうしていけばいいのかな~