アルミ缶の上にたくみかん

アルミ缶の上にたくみかん

日本百名山を中心に単独登山やドライブなどを書いた日記です。

6/18 2時ごろ 金縛に遭う

今朝2時ごろ、急に目が覚めたと思ったら身体が硬直状態に陥り動けなかった。

足元から何かが迫ってくる感じがし、気配が上半身に向かうにつれ呼吸が苦しくなった。

そして、頭(前髪から少し上)をくしゃくしゃされるように触られた感触があった。

身体は頭を西、足を東に向けており右半身を下にして寝ていた。

気配は体の背中、つまり北側に移動したものの姿は確認できなかった。

必死に般若心経を心の中で唱えようとするとも苦しくて継続できず。

特に何か話しかけられたなどの記憶はない。

気づけば上半身が自由になっていたが、部屋の照明のリモコンボタンを押しても全く反応しなかった。向きを確認し、5回くらい押したのにも関わらずだ。

 

その後、体を起こして壁にある照明スイッチを触った記憶があるが、やはり反応しなかった。ただ、これについては気付いた時には布団の上にいたので照明を点けたい意識が、あたかも動いたような記憶を植え付けたのかもしれない。

 

前日は霊柩車が出るところを見た。助手席の友人が親指を隠すようにと言ったので隠した。

とくに因果関係は無いと思う。

あれば土曜の夜に出てくるはずだ…。

とりあえず友人に何か無かったか聞いてみよう。