アルミ缶の上にたくみかん

アルミ缶の上にたくみかん

日本百名山を中心に単独登山やドライブなどを書いた日記です。

第3回青鳩トレイルラン

昨日は久しぶりのマラソン大会に出てきました。

四月に棄権した富士五湖チャレンジ以来です。

 

すっかりTJARを見てから山の魅力にハマりまして登るから走ることにしました。

 

このレースはNPO法人が運営しているレースでフルマラソン上がりの人からしたら質素かもしれません。

 

でもいつも独りで山に行ってる僕からしたら誰かと走れるのは楽しかったな〜

 

f:id:tacumix:20180923185917j:image

スタートは地元大磯の照が先海岸。

ここはアオバト飛来の地でちょうどスタート時にもアオバトが来てました。

 

f:id:tacumix:20180923190009j:image

人数少ないと思いきや意外と人がいてびっくり。

 

f:id:tacumix:20180923190137j:image

ロードと違ってマットで計測できない山ではこのような非接触の電子パンチを使って各チェックポイントで記録します。

 

f:id:tacumix:20180923190240j:image

スタートのフラッグ🚩

 

f:id:tacumix:20180923190302j:image

水平線が綺麗です。ちなまにアオバトが止まるのは左に見える岩です。

 

f:id:tacumix:20180923190334j:image

スタート!!ウェーブスタートのため自分は8時2分開始でした。

 

#大磯→鷹取山

レースで何が嫌かって相手のペースに飲まれることですよね。後ろからも人がいるわけで狭い道を走るトレランは尚更マイペースにはいけません。運動公園の裏とか寺坂に向かうところは狭い上に滑りやすくて前の人のトレース踏むのがやっと。。

ペースアップにはなりますが、これが後々仇になるとは…

開始から48分で鷹取山通過です。

 

#鷹取山→建速神社

鷹取山から再び藪ゾーンを通過して金目川沿いに進み東名直下の神社に向かいます。ここの神社で12km。最初のエイドです。

難なくクリア。

 

#神社→善波峠

いよいよ、ここから大山の尾根に取り付きます。東名を越えると次は小田急線を越えて里山に入ります。

たぶん、普段は人がほとんど通らなさそうなところです。そこのてっぺんにも小さな蔵があります。すぐに降りて畑ゾーンを抜けて登ると権現山です。

まだ半分もいってないのに左足のふくらはぎ、右足のつま先がつりました…。

すぐに弘法山なのですがその道中はつりまくって歩きです。それでも弘法山に着いた頃には足つりから解放されてたので無理せず進み善波峠でチェックを受けます。

だけど全然走れない…つるの怖くなってます。

 

#善波峠→蓑毛越

善波峠を越えるともう引き返しはできません。

エスケープのない山道です。

アップダウンが激しくなかなか進めない。どんどん抜かされていきます。

何より呼吸が苦しくて水を飲んでもハーハーしてます。そんなにハードな動きしてないのに。。辛い。

なんとか蓑毛越について最後のエイド。

 

#蓑毛越→大山山頂

ここからが大山の核心部であり地獄の急登です。木の根が張られた尾根を500mくらい登り、少し平らな道かと思えばすぐにがれ場に続きます。このがれ場がつった脚には大打撃で余計にハーハーしてました。

それでもなんとか山頂まで向かいます。

 

#山頂→見晴台

ここから見晴台までの2.5kmは徒歩がルールなのですがみんな走ってる。しかも下山者がいるのにその横を走る。これには憤りを感じました。ルール無視はもちろん、レースだからとタイム優先でほかの人の安全を考えないのは山の人ではありません。

これだからトレランが嫌われるんだなと思いました。この大会、クレーム次第ではなくなるんじゃないですかね?

TJARの選手はみな、渋滞でイライラしながらもちゃんと並んで降りてましたし、怪我人がいたら自ら救護してました。

だってみんな山が好きだし、登山者との共存を考えてるんですもん。。

皆がみんなとは言いませんがやはり低山ほど遠慮がないなと感じ、残念に思います。。

 

#見晴台→ゴール

見晴台を通過するの走れるのですがけっこう疲労が来てて走れません笑

しかも地図にはない廃道を少し進んでしまい折り返します。

でもここで立ち止まったおかげでスパートをかけられました。だって得意のダウンヒルなんですもん。爆速で駆け下りて見晴台までに僕を抜かしていった人を追い抜き全速力でゴール。

 

f:id:tacumix:20180923192049j:image

 

記録は5時間47分でした。

練習より20分も早い!!

 

完走した人はここで無料のお風呂に入れ、うどんが食べられます。

マイクロバスで伊勢原駅まで送ってくれます。

 

快適でした!!

 

脚をつったことは反省点ですがやっぱり山は面白いです。

またまだ体重はありますが2020年のTJAR、来年のハセツネ完走を狙っているのでトレーニングしていきたいと思います。